祈念ジュエル38,000

  • 故人様のお骨から「祈念ジュエル」をおつくり致します。
  • 祈念ジュエルの内容
    お骨ジュエル(大1つ)
    故人様のお骨パウダーが中に入ったガラスジュエルです。
    浄化ジュエル(小3つ)
    お骨パウダーは入っていませんが、7日間故人様のお骨と共に過ごして「浄化」いたします。
  • 弊社独自の「間接散骨」により、富士山にてご供養いたします。
預骨18,500/年

  • 富士の裾野での、お骨の一時保管です。
  • 一部のお骨をパウダー状にし、無料で「祈念ジュエル」をおつくり致します。
  • 弊社独自の「間接散骨」により、富士山にてご供養いたします。
送骨70,000より

只今、特別価格実施中

56,000より
(先着100名様に限ります)

  • お骨をパウダーにして、富士山を望む駿河湾に海洋散骨いたします。
  • ジュエル葬セット」(祈念ジュエル、お骨壺、フォトフレームの3点セット)をおつくり致します。
  • 弊社独自の「間接散骨」により、富士山にてご供養いたします。

短編小説:「想う」には手頃な日々

先日母が他界した。86才だった。父は私が幼い頃に亡くなったので、女手ひとつで私を育ててくれた。母はずっと働き詰めだったのだろう・・・幼い私には働いている母のイメージしかなかった。そのイメージは学生時代もずっと変わらないまま、なに不自由なく学生生活を送り、大学まで行かせてもらった。これがどれだけすごいことか、子供を持った今の自分には身に染みてわかる。母は私たちを育て上げてくれただけでなく、老後も、そして死後もあくまで自立していた。
それは生前に母が残したメモで確信になった。母の遺品を整理していると、そのメモが引き出しの中から出てきた。母は「私はお墓に入らない。散骨して下さい。内容は決めてあります。」と言っていたのだ。確かにうちにはお墓がなく、私も建てるつもりはない。経済的にも無理だ。ただ散骨して全てを還してしまうのは淋しすぎないか。漠然とそんな不安を抱いた。そんな気持ちを持ちつつメモに書かれたその会社に連絡してみた。母が申し込んでいたのは「送骨」というものだった。簡単に言えば、この会社にお骨を骨壺ごと送る。そして送ったお骨で「祈念ジュエル」なるものをつくり、残ったお骨は散骨してくれるというものだ。費用もお墓に比べれば劇的に安いので正直助かる。この「送骨」を利用することにした。

四九日の法要が終ると業者から「送付キット」が送られてきた。このキットにしたがって骨壺を送った。以外とあっけない。数日後、業者からメールが来た。「確かにお骨を受けとりました。」とのこと。その後は「本日、お骨ジュエルを製作しました」、「浄化ジュエルを富士山にお供えしました」、「駿河湾に散骨致しました」と次々に状況を報告してくれる。そして最後に「ジュエル葬セットを発送致しました」とメールが来た。
そして数日後、そのセットが届いた。ジュエルの他にお骨壺とフォトフレームもある。そしてジュエルが入っている桐箱を開けてみると・・・大1つと小3つのガラスジェルが入っていた。思った通りの綺麗なピンク色だ。大きい方を手に取ってみるとずっしりと重い。この中に母のお骨が入っていると思うと感慨深い。ダイニングのいつも母がいた場所に置くことにした。小さいほうはどうするのだろうか。業者の案内によると、これは散骨用らしい。しかも散骨は散骨でも「間接散骨」なるものらしい。なんだろう、この間接散骨とは。

一緒に送られてきた「ご案内」を読んでみると・・・。
普通の散骨は、パウダー状にしたお骨を海や山に撒いて自然に還す。これを直接散骨と言う。これに対し、お骨そのものではなく、お骨と一緒に過ごした物を自然に還すことを「間接散骨」と言うらしい。昔は「御霊入れ」と言って、個人の遺品や石を七日間お骨と一緒に置き魂を入れて浄化し、これを仏様代わりとして奉っていた習慣があったらしいが、これをこのジュエルでやるのだ。確かに「宝石には魂が宿る」とよく言われる。そしてこれを自然に還すことにより、間接的に散骨したことになるのだ。直接的な散骨は、海洋散骨なら自由にできるが、陸地となると好きなところに勝手に散骨するのは現在では難しいようだ。条例で規制しているところもある。しかし、この間接散骨なら物理的には単なるガラスなので、原則的にはどこにでも還せる。そしてこのガラスもいずれは砂状になり自然に還る。大きいジュエルが「お骨ジュエル」で、この中には母のお骨パウダーが入っている。小さい3つのジュエルの中にはお骨は入っていないが、お骨と7日間一緒に過ごし浄化してある。だから、これを「浄化ジュエル」と呼ぶらしい。これを好きな場所に還し間接的に散骨するのだ。妻は「子供だましっぽい。本当のお骨は海洋散骨するんだから、それでいいんじゃない?」と言っていたが、私はこの間接散骨に魅力を感じた。

さて、どこに還したら母は喜ぶだろうか。あれこれ考えた結果、一つ目は結局自宅のベランダに還した。ここには母が毎日水をやり大切にしていた植木がある。ここにそっと還した。やはり自宅は長く過ごした場所なので、一番落ち着くと思う。二つ目は母の故郷に還した。母が幼い頃、実家の近くに川があってよくそこで遊んだという話を聞かされた。私も母の実家に行った時に遊んだことがあるので場所はわかる。そこの河原にそっと還した。
三つ目はどうしよう。母の妹の叔母さんも欲しがっているので、彼女にあげようかと思っていたところ、このジュエルをつくってくれた会社から連絡が来た。その内容が、かなり突拍子もない案内だった。その内容とは・・・

「浄化ジュエルを散骨旅行に連れてゆきませんか」というものだった。行き先はハワイ。
要はこの業者が何人分かの浄化ジュエルを連れてハワイに行く。そこでこの浄化ジュエルを海に還すというものだ。もちろん参加費はかかるが、自分が行くより全然安い。晩年母はフラダンスを習っていて、一度は行ってみたいと常々話していた。本当なら生前に連れてゆきたかったが、最後の親孝行だと思いお願いすることにした。と言っても私がやることは参加費を払い、三つ目の浄化ジュエルを業者に送るだけだ。
1ヶ月くらいして、ハワイから戻りましたとの連絡とともに、何枚かの写真が送られてきた。その中の一枚に、ビーチの水に揺れるジュエルの写真があった。私が送ったあのジュエルだ。ワイキキビーチの少し沖で供養したとのこと。海に還したのだ。
よかった・・・私の心の中には大きな安堵感があった。今回この小さい浄化ジュエルをどこに還そうかと考えている時は、いつも母を想っていた。母の実家近くの川に還したときも想っていた。そしてこれからもハワイを見る度に母を想い出すだろう。そして自宅のリビングにも母はいる。このジュエルの中にいる。
想うだけだ・・・お墓は建てずに想うだけだったけど、これが自分なりの供養なのかな、と最近では考えるようになった。

ご供養メニュー

祈念ジュエル 38,000

  • 故人様のお骨から「祈念ジュエル」をおつくり致します。
    パウダー状にしたお骨を色彩ガラスの中に入れ、ガラスフュージング手法により製作いたします。 祈念ジュエルはお好みの色や形を選べます。
  • 祈念ジュエルの内容
    お骨ジュエル(大1つ)
    故人様のお骨パウダーが中に入ったガラスジュエルです。
    浄化ジュエル(小3つ)
    お骨パウダーは入っていませんが、7日間故人様のお骨と共に過ごして「浄化」いたします。浄化ジュエルは弊社が提唱する「間接散骨」により、お好きな場所でご供養できます。
  • 弊社独自の「間接散骨」により、富士山にてご供養いたします。
    皆様にお渡しする浄化ジュエルとは別に、2つの浄化ジュエルをつくっています。
    この浄化ジュエルを富士山の麓にて間接散骨し供養いたします。
1お骨の送付

  • 送付キットをお送りしますので、お骨をご郵送願います。
    (送料は無料です。)
  • お骨壺を開けることや郵送に抵抗のある方は、お引取りに伺います。(但し、この場合は交通費等が発生します)

2砕骨

  • お送りいただいたお骨を、洗浄および殺菌いたします。
  • その後「砕骨」し、お骨パウダーに加工します。

3祈念ジュエルの製作

  • ガラスフュージングにより色彩ガラスを加工して、祈念ジュエルを製作いたします。
  • 大きい方は「お骨ジュエル」です。この中には、故人様のお骨パウダーが入っています。

4ジュエルの浄化

  • 小さい方は「浄化ジュエル」です。お骨は入っていませんが、故人様のお骨と7日間一緒に過し「浄化」してあります。
  • 7日目には、富士山一合目にて浄化いたします。

5ジュエルの送付

  • 祈念ジュエルの製作は、節目の供養を重ねながらおつくりいたしますので、約2カ月ほどかかります。
  • 完成し次第、ご指定の場所にご郵送いたします。

預骨 18,500/年

  • 富士の裾野で、お骨を一時保管いたします。
    契約期間は3年ですが更新できます。更新料はかかりません。
  • 一部のお骨をパウダー状にし、無料で「祈念ジュエル」をおつくり致します。
    祈念ジュエルの内容
    お骨ジュエル(大1つ)
    故人様のお骨パウダーが中に入ったガラスジュエルです。
    浄化ジュエル(小3つ)
    お骨パウダーは入っていませんが、7日間故人様のお骨と共に過ごして「浄化」いたします。浄化ジュエルは弊社が提唱する「間接散骨」により、お好きな場所でご供養できます。
  • 弊社独自の「間接散骨」により、富士山にてご供養いたします。
    皆様にお渡しする浄化ジュエルとは別に、2つの浄化ジュエルをつくっています。
    この浄化ジュエルを富士山の麓にて間接散骨し供養いたします。
1お骨壷の送付

  • 「送付キット」をお送りしますので、お骨をご郵送願います。
  • 郵送に抵抗がある方はお引取りに伺います。
    (但し、交通費等が発生します)

2お骨のお預かり

  • 雄大な富士山の裾野、静岡県裾野市。ここにある預骨堂にてお骨をお預かりいたします。
  • お預かりしたお骨は、日々供養させて頂きます。

3祈念ジュエルの製作

  • ガラスフュージングにより色彩ガラスを加工して、祈念ジュエルを製作いたします。
  • 大きい方は「お骨ジュエル」です。この中には、故人様のお骨パウダーが入っています。
    (一部のお骨は洗浄殺菌後に砕骨いたします。)

4ジュエルの浄化

  • 小さい方は「浄化ジュエル」です。お骨は入っていませんが、故人様のお骨と7日間一緒に過し「浄化」してあります。
  • 7日目には、富士山一合目にて浄化いたします。

5祈念ジュエルの送付

  • 祈念ジュエルの製作は、節目の供養を重ねながらおつくりいたしますので、約2カ月ほどかかります。
  • 完成し次第、ご指定の場所にご郵送いたします。

6お骨のご返却

  • ご要望により、お骨をお返しいたします。
  • 基本的には郵送になりますが、お持ちしてお返しすることもできます。
    (但し、交通費等が別途かかります)

送骨 70,000より
只今、特別価格実施中 ¥56,000より。
(先着100名様に限ります)

  • お骨をパウダーにして、富士山を臨む駿河湾に海洋散骨いたします。
  • 弊社独自の「間接散骨」により、富士山にてご供養いたします。
    皆様にお渡しする浄化ジュエルとは別に、2つの浄化ジュエルをつくっています。
    この浄化ジュエルを富士山の麓にて間接散骨し供養いたします。
  • ご自宅用として、「ジュエル葬セット」をお届いたします。
ジュエル葬セット
祈念ジュエル
ミニお骨壺
  • 特製擦りガラス製の円盤型お骨壺です。
    (直径58mm、高さ38mm)
フォトスタンド
  • 特製湾曲クリアーガラス製のフォトフレームです。
    (幅155mm、高さ130mm)

この3点の内で欲しいものだけを選ぶこともできます。

1お骨壷の送付

  • 「送付キット」をお送りしますので、お骨をご郵送願います。
  • 郵送に抵抗がある方はお引取りに伺います。
    (但し、交通費等が発生します)

2砕骨

  • お送りいただいたお骨を、洗浄および殺菌いたします。
  • その後「砕骨」し、お骨パウダーに加工します。

3祈念ジュエルの製作

  • ガラスフュージングにより色彩ガラスを加工して、祈念ジュエルを製作いたします。
  • 大きい方は「お骨ジュエル」です。この中には、故人様のお骨パウダーが入っています。

4ジュエルの浄化

  • 小さい方は「浄化ジュエル」です。お骨は入っていませんが、故人様のお骨と7日間一緒に過し「浄化」してあります。
  • 7日目には、富士山一合目にて浄化いたします。

5散骨

  • 散骨は、富士山の雪解け水か注ぐ「駿河湾」に海洋散骨いたします。


» 散骨場所に関して

6祈念ジュエルの送付

  • 祈念ジュエルの製作は、節目の供養を重ねながらおつくりいたしますので、約2カ月ほどかかります。
  • 完成し次第、ご指定の場所にご郵送いたします。